漢方オイル七輪

漢方チャクラオイル七輪の紹介

漢方チャクラオイルは、東洋の二大医学である中国伝統医学と印度のアーユルヴェーダ医学を結合させ、西洋のアロマセラピー概念も取り入れた斬新な発想のもとで創作された純植物複合精油です。

配合されている印度薬草は精神面のケアに役立ち、漢方の生薬は身体的不調の改善に優れていると言われ永く重用されて来ました。これらの薬草を融合させ誕生した漢方チャクラオイル七輪は、癒される神秘的でオリエンタルな香りが「心」「身」「霊」のバランスを調え、運気も上昇して気分はつらつ、健全な身体へと導きます。

漢方チャクラオイル七輪
漢方チャクラオイル七輪

中国伝統医学は「天人合一」を強調し、陰陽五行理論で身体の内外の関連性を説明し

経絡理論に基づき、気血の流れを整えることにより五臓の調和を図り未病を防ぐ養生医学です。

 

印度のアーユルヴェーダは「身心霊合一」を強調し、7つのエネルギーを強化することによりチャクラを活性化させることで、

「身」「心」「霊」のバランスを維持する健康養生哲学です。

 

この東洋に生まれた歴史のある二大医学が、台湾における漢方研究の中枢で、医科大学でもある台湾国立陽明大学と、

陽明大学から育まれた研究を主体とする揚生生化科技(ヤンセンバイオテク株式会社)の共同研究開発センターにおいて、漢方チャクラオイル七輪は誕生しました。

 

陽明大学は、中医学と漢方を研究する伝統医学学部があり台湾の漢方研究の中枢。厳密な管理の元で、何千種もの生薬を揃え、伝統医学の分野では政府からの信頼も厚い名門です。

 

材料となる生薬や製造工程の管理や分析も万全で、臨床試験や動物実験でも効果を検証され、その品質の高さは権威ある医学部ならでは。

 

創辦人 蔡英傑教授(左)・經理 蔡恩加(右)
創辦人 蔡英傑教授(左)・經理 蔡恩加(右)

 

中国薬草の帰経作用を利用して、エネルギーである気血を強化させることにより、印度医学のチャクラ活性化概念を最大限に発揮させる理念です。

中国の生草と印度従来の薬草の特徴を理解した上で複合配合させ、新たな生命力と威力に生まれ変わらせました。更に現代のバイオテクノロジー技術を加え研究を重ねて開発された

西洋と東洋の力を兼ね備える最強なセラピーツールでもあり唯一無二の製品です。

2018年07月25日 中国工商時報にて発明特許を紹介
2018年07月25日 中国工商時報にて発明特許を紹介